弁護士による相続ガイド

弁護士が相続でよく問題となるポイントをわかりやすく説明します。

Month: 2020年8月

相続放棄

相続人は、相続放棄により、被相続人の財産のすべてを相続しないことができます。 被相続人に債務がある場合、相続放棄を検討することになりますが、相続放棄ができる期間には制限があるため注意が必要です。 また、特定の行為をするこ […]

単純承認

単純承認とは、被相続人の権利・義務を無限に承継することです(920条)。 単純承認により、相続放棄できなくなります(921条)。 相続放棄については、こちらのページで説明します。 以下、単純承認のポイントについて説明しま […]

遺留分侵害額請求権

被相続人は、遺言や生前贈与によって、原則として自由に遺産の分け方を決めることができますが、(兄弟姉妹以外の)相続人には遺産のうち一定の割合(遺留分)を確保する権利があります。 遺言や生前贈与により、相続人が遺留分に相当す […]

配偶者居住権の評価

配偶者が配偶者居住権を取得した場合、配偶者居住権の評価によって、その他の遺産をどのくらい取得できるかが変わってきます。 配偶者居住権の評価には、以下のような方法があります。 簡易な評価方法 相続税法における評価方法 日本 […]